【宮廷女官チャングムの誓い】第四十二話「王の病」

宮廷女官チャングムの誓い
ss from abematv

風熱の症状があるヨンセンに対して栄養のあるものは御法度ということを知ったチャングム。
さっそくチャンイに「脂っこい食事は出さないように」と依頼する。

一方、ネイウォンでは、他の医女もヨンセンの脈診を実施した結果、ヨリの誤診がハッキリしたため、シン医務官が激怒する。「何をたくらんでいる。どういうことだ!
本当に分からなかったと答えるしかないヨリに対して、「ヘイミンソへ行け!」と命じるシン医務官。でも、ここでは医局長の「猶予を与えよう」という一言でヨリは救われる。


さて、どうしてもハン尚宮の恨みを晴らしたいと思っているチャングムがついに攻勢に出る。

例のアヒル事件の真相は、王様が倒れた原因を突き止めるしかない、ということで、秘文書館に入って王様の病状日誌を見ることを決意する。ところが、その秘文書館は大臣でさえも中に入れない館で門外不出の文書が厳重に管理されている。チャングムは皇后に頼んでやっとこ入ることを許可される。

今回の見所は、クミョンがチョンホを呼び出して、料理の並んでいるテーブルを挟んでチョンホに自分の思いを伝えるシーンとチャングムが秘文書館に入って役人の目を盗んで病状日誌を外に持ち出すシーンだろう。

まず、クミョンである。チャングムにぞっこんのチョンホとしては、今回のクミョンの申し出は、あまりにも唐突すぎてどう対応していいのか分からずに戸惑ってしまう。

どうぞ、お召し上がりください。心を込めて作りました」と涙目で言われても、チョンホとしては、憎きチェ女官長とグルになっているクミョンが作った料理には怖くて箸を付けるわけにもいかなかったであろう。

しかし、クミョンにとっては、これによってチョンホへの思いが吹っ切れた。チェ女官長に「私が終止符を打ちます」という決意を伝える。どんなにチョンホを思ってもその思いが叶うことはない哀れなクミョン。今となっては、あの美少女クミョンのイメージのかけらもなくなり、本当に怖い女に変貌を遂げてしまった。

次に、秘文書館でのチャングムの振る舞いには、ドキドキしっぱなしだった。

チャングムが退出するまぎわに役人に呼び止められて両手を挙げさせられる場面は完全にバレたかと思った。

役人に見つからずに病状日誌をすべて持ち出せたように思ったのは甘かった。ネシブの役人はチャングムの行動をしっかりとつかんでいたため、チャングムを連行して取り調べを行う。

それにしても目付きのするどいネシブの役人が言う人知れず死ぬことになるの一言にはゾッとした。背筋が凍るとはこのことか。

王様直属の部署なので他の大臣も手出しができないほどの権力を持っている。何とか長官のおかげで今回は見逃してもらえることにはなったが、まだまだチャングムの前途は多難だ。

コメント

  1. とん子 より:

    koreandramaさんおはようございます。
    グミョンとチョンホのある意味最後の晩餐シーン。彼女綺麗でしたね!チェ一族に生まれていなければこんな過酷な運命を背負わなくてもよかったのに。久しぶりに「APNA」の名曲が流れてより一層場面を盛り上げてました。
    チャングムはちょっと暴走しすぎましたね。ヨンセンのことがあったとしてももう少し冷静な判断をつけてほしかった。これは不利です。まっ、それがチャングムですからね♪
    ただ、王様の病気を解明するためにはあれくらい暴走しないとダメなのかもしれません。

  2. koreandrama より:

    とん子さん、コメントありがとうございます!
    なるほど、「最後の晩餐」とは言い得て妙ですね。チャングムは、本当にチャンドクの言うとおり命知らずでハラハラします。でも、これが王様の病気の解明につながれば、と私も思います。

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました