イ・ヨンエの「宮廷女官キム尚宮」

宮廷女官キム尚宮

最初、このタイトルを見たとき、えっ、「宮廷女官チャングム」の特別編なの、と思ってしまった。

ネットでたまたま宮廷女官で検索かけると、これがひっかかって見てみると、イ・ヨンエの出演作品だった。

解説によると、不遇な生い立ちながら賢明に生きた女の一代記。ここまで読むと、チャングムぽい。「おしん」も彷彿とさせる。

でも、女官から権力の中枢へと登りつめる重厚な歴史絵巻1995年の作品で全52話
イ・ヨンエはこれでKBS演技大賞人気賞を取ったとのこと。

簡単なあらすじは、以下のとおり。

嵐の中、山中を逃げまどう身重の女。男たちに追われていたその女・カンは廃屋に逃げ込む。そこには雨宿りをしている和尚・ムブルがいた。事情を聞いたムブルは男たちを追い払うが、カンはその場で産気づき、一人の女の子を出産する。娘はケトンと名付けられ、母とともにムブルの寺で暮らすこととなった。

時は流れて1592年、豊臣秀吉による朝鮮出兵“壬辰倭乱”が勃発。日本軍の思わぬ侵攻に混乱した朝廷は、一時都を捨て義州へと逃げのびた。その地で王・ソンジョは、いずれ世継ぎにと考えていた王子・シンソン君(グン)を亡くしてしまう。

ソンジョはやむをえずクァンヘ君を皇太子とするが、自分の意に反し皇太子となったクァンヘ君は父に対して恐れを抱き、常に孤独を感じていたのだった。

その頃、ケトンは10歳になり、同じ寺で育った両親のいない少年・ウォンピョを兄と慕い仲良く暮らしていた。そんなある夜、ケトンの母が何者かに連れ去られるという事件が起こる…。

 

コメント

  1. チャングムの誓い イ・ヨンエのYouTube動画

    宮廷女官 チャングムの誓いを主演した韓国女優のイ・ヨンエさんのYouTube動画…

  2. チヂミ より:

    休暇中にTSUTAYAに通い、この作品、全巻読みました。
    「チャングムの誓い」で、イ・ヨンエのファンになり、この作品を観たのですが、、、。
    同じ女官でも、チャングムとは正反対!!
    怖いくらいの彼女の悪役ぶりは必見です!

  3. koreandrama より:

    チヂミさん、コメントありがとうございます!!
    >怖いくらいの彼女の悪役ぶりは必見です
    やっと8話から登場ですよね。チラッと見たのですが、チャングムとは雰囲気が全然違うのでビックリしました。かなり違っても、その存在感、オーラにはやっぱり圧倒されます。
    また遊びにきてください^^

  4. まり より:

    私もチャングムが好きだったので見てみたら。
    かなりやり手の悪女役でびっくりしました。
    同じ宮廷物なのに違うものですね。>演技も
    私はやっぱりチャングムが好きです(笑)

  5. koreandrama より:

    まりさん、初めまして。コメントありがとうございます!!
    >かなりやり手の悪女役でびっくりしました。
    チャングムとは雰囲気がガラッと違いますよね。
    >私はやっぱりチャングムが好きです(笑)
    同感です^^
    また、遊びに来てください。

タイトルとURLをコピーしました