【宮廷女官チャングムの誓い】第四十一話「ヨンセン懐妊」

宮廷女官チャングムの誓い
ss from abematv

具合の悪くなったチェ女官長の治療に当たることになったチャングム。やっと、ハン尚宮の復讐を果たすときがやってきた。しかし、針を打つ手がふるえて、実行することはできずに思いとどまる。

でもいつか正々堂々と勝てるように見守ってください、と心の中で誓う。

今回の件で免職になったチョンホ。でも、そのことを聞いたチャンドクが、患者のつてを使って王様に直訴することができた。さすが、チャンドク。頼りになるー。

事実を知った王様の義憤が爆発する。「医女が疫病の原因を突き止めた。それ以上の救いが民にあろうと思うのか。直ちに呼び戻せ!

さて、ネィウォンでは、疫病騒ぎのときに、ヨリがチャングムにきちんと集合場所を伝えたかどうかが問題となる。ヨリを怪しんだシンビが同僚のチョドンを使って「あのとき、ヨリ様がヨンジェ村と言うのが聞こえたんです」と釜を掛けてみると、案の定、反応があった。「黙っていなさい。チャングムが追い出されればあなたは残れるのよ

しかし、そのことも逆手にとろうとするところにヨリのしたたかさを感じる。ヨリは、自分が同僚に脅迫されたと医局長に訴えることでチャングムをヘイミンソに追いやろうとする。でも、チョンホのじゃまが入り、失敗に終わる。

今回の見所は、やはり、ヨンセンの懐妊にかかわる一連の場面であろう。今まで、さんざんヨンセンに意地悪をしてきた女官たちに向かってミン尚宮がガツンと一発きつい言葉を言ってくれたのは見ていてスカッとする。また、クミョン最高尚宮が持ってきた料理をヨンセンが「そちの料理には何か足りない気がする」とズバッと言葉の直球を投げ込むシーンも痛快だ。

ヨンセンは、身の回りの世話をするチミル尚宮と厨房の女官としてミン尚宮とチャンイを指名する。あとは医女としてチャングムが指名されれば何も言うことはない。ところが、そうスンナリとは事は進まない。不幸にも医女はあのヨリとなってしまう。

ヨリは親身になってヨンセンの体を気遣うフリをして食事から散歩まですべてを世話をすることになった。しかし、チェ女官長と結託しているヨリは、心の中ではそら恐ろしいことを考えていた。

実際は風熱の症状だったのが、血虚と偽って栄養のある料理を与えることでお腹の子を流産させる腹づもりだ。栄養のある食べ物は、風熱の女性にとって、母胎も胎児も危険に陥れる最悪の食事療法だった。そのことをシン医務官から確認したチャングムは、親友のヨンセンを助けなくてはと、居ても立ってもいられない。

コメント

  1. とん子 より:

    korandramaさんおはようございます。今回の主役はヨンセンでしたね。王様の子を身ごもったことでスグォンという地位が与えられます。つまりチェ女官長より上ということになりますね。
    お祝いにきたチェ女官長やグミョンに言うセリフがGOOD!「女官長に祝ってもらうとは。チョン最高尚宮も喜んでいるでしょう」これ以上ぴったりくるものはありません。
    ヨリは医者としての資格がありませんね。

  2. koreandrama より:

    とん子さん、コメントありがとうございます!
    本当にヨンセンは大出世ですよね。セリフもキマッてました。一方、ヨリは医女の風上にも置けないとも言うべき存在です。一日も早くネィウォンから追放してほしいです。

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました