【宮廷女官チャングムの誓い】第四十五話「失明の危機」

宮廷女官チャングムの誓い

料理に問題がなく、誤診ということでチェ一族が釈放された。原因は傷寒症(しょうかんしょう)ではなかった。ただ、本当の原因については医局長とチャングムの意見が対立する。医局長は医学書に基づき狐惑病(こわくびょう)を主張するが、その医学書の記述はたった10行。

チャングムは実際に患者を見ており、肝経湿熱(かんけいしつねつ)の症状をつかんでいたが何がその症状を生じさせているのかがまだ分からない。

これまでのしきたりを破っているチャングムに対してオ・ギョモや他の大臣たちの非難が高まっていた。皇后もその意見を無視するわけにはいかず同意する。しかし、案の定、王様の病状が悪化する。チャングムが言ったとおり、激しい腹痛に呼吸困難を伴っている。これではオ・ギョモや
医局長はチャングムの処方に従わざるをえない。

さて、牢から釈放されたチェ女官長とクミョン最高尚宮は、このまま引き下がるワケにはいかない。目には目をと、ある陰謀をヨリに命じる。

王様が倒れた前の日の処方箋にヒ素と書き直しておきなさい
やはり、あの手この手と手段を選ばないチェ女官長は怖い。

一方、チャングムの処方で治療を進めたところ、王様の目が見えなくなるという一大事が起こった。
チャングムとチョンホは連行され、チャングムは宮中追放後にさらし首、チョンホは身柄の拘束という厳命が下される。

皇后の落胆はかなりのものだった。「お前を信じていたのに」あえて針を打った理由を問われたチャングムは「王様の失明を恐れたからでございます」と答える。菜園の患者にも失明した者がいた。
実際に自分の目で確かめているチャングムの言葉には重みがある。「王様の脈診をお許しください」というチャングムの言葉に皇后も同意する。

チャングムは肝経湿熱を引き起こす原因を探り出そうとし、王様が口にするものを慎重に確かめた。
やっと確信に至ったチャングムは自分で煎じた薬や食べ物を王様に与える。だが、まだ目が見えるきざしがなく皇后も業を煮やしたため、またもやチャングムは牢に入れられる。呆然とするチャングム。

しかし、取り調べを受ける寸前で皇后から呼出を受けて王室に行くと、王様の容態について、目はまだ見えないが、肌がきれいになっているとの報告を受ける。チャングムがしばらく王様にマッサージを施したあと、王様に「目をお開けください」と言うチャングム。

そこで王様が目を開くと、ほんの少しぼんやりとしてから次第にクッキリと相手の表情が見えてきた。

コメント

  1. とん子 より:

    koreandramaさんおはようございます。ここから身分の壁が立ちふさがります。
    当時医女の身分はとても低い。王様の体に触れることはおろか意見を聞くなんてとんでもない事!!
    だいたいあの男が医局長でいること事態問題かと。だって才能ないじゃない?チボクと同じじゃないの?(笑)だからこそ、チャングムの能力が発揮されるんですけどね(#^.^#)
    医者というのは大変です。王様の病状一つ×2で命の危険にさらされますから。
    次はいよいよクライマックス。チェとオギョモの分断が始まりますぞ!!

  2. 激安価格 韓国ドラマ【チャングムの誓い】 DVD&関連商品 通販

    【チャングムの誓い】は、16世紀初めの朝鮮王朝で身分制度の壁を打ち破り、男尊女卑の封建社会の中を生き抜いた女性、チャングムの物語です。
    → 【チャングムの誓い】DVDの楽天で1番安い店はこちら!

  3. koreandrama より:

    とん子さん、コメントありがとうございます。
    >王様の病状一つ×2で命の危険にさらされますか

    本当にそうですよね。命がいくつあっても
    足りないといった感じです。とにかく、ますます目が離せない展開となってきました。

タイトルとURLをコピーしました