【宮廷女官チャングムの誓い】第三十五話「疑惑」

宮廷女官チャングムの誓い

招集がかかった席で伝えられた内容は、皇后様に流産のきざしがあるということだった。しかし、それよりももっと驚いたのがクミョンが最高尚宮としてその席にやってきたことだ。クミョンもチャングムを見て驚く。

さらに、皇后様に一大事が発生し、その場に居合わせたチャングムの目の前にやってきたのがチェ女官長。チェ女官長は、皇后様の具合よりも、チャングムがそこにいることの方に気をとられる。
なぜ、お前がここにいる!

結局、皇后様が流産という結果になってしまう。ヨンノがチェ女官長に「うまくいきましたね」というところを見ると、またチェ一族の仕業だったことが分かる。

さて、クミョンに呼ばれて、厨房の中に入るチャングム。ハン尚宮に調理の仕方を仕込まれたときのことを思い出す。後から入ってきたクミョンに対してチャングムは冷たい視線のまま、こう言い放つ。
お幸せですか? だといいんですが。その座を手にするために、大事なものを捨てたんですものね

 

 

お前、ここにはいられないわよ」と言い返すクミョン。

このシーンでのチャングムのせりふには、チャングムやハン最高尚宮が受けてきた理不尽な仕打ちに対する精一杯の仕返しの気持ちがにじみ出ていた。

一方、王様の御前で国の重要事項を決める役人のチャチャンソンとオ・ギョモの対立が激化する。チョガンジョと関係があっても優秀な人材であれば国防に登用しようとするチャチャンソン。チョガンジョと関係のあったものの復権を阻止しようとするオ・ギョモ。

今回は、チャチャンソンとチョンホが、オギョモとパンスルを硫黄のアヒル料理でもてなした席で彼らにガツンと言う場面は久々にスカッとした。

さらに、帰り間際、パンスルに忠告するチョンホ。「チャングムさんを中傷したりすれば、宣戦布告と受け止める。忘れるな。

今回の見所は、やはり、ミン尚宮、チャンイ、ヨンセンとの再会のシーンであろう。ハン最高尚宮がいなくなった後、スラッカンの様子はガラッと変わっていた。まず、女官長は賄賂をもらっていた罪で追放。その後釜はチェ尚宮。最高尚宮の地位にはクミョンがつく。

ミン尚宮とチャンイはスラッカンを追い出され、他の部署にたらい回しされたあと、ミン尚宮は、チミル尚宮という、何やら怪しげな響きの役職についていた。要は、王様の下の世話係。

ヨンセンはヨンセンで、王様の目にとまったのはいいものの、その後、二度と王様のお越しがなく、哀れな状況にあった。それでもヨンセンはチャングムの無事を願って「また会えるように」と毎日祈っているという。

チャングムが、そのお祈りをしているヨンセンのそばにいって、涙をためて声を掛ける。ここは涙涙のシーン。

チェ女官長からチャングムの話を聞いたチョンユンスは、難癖をつけてチャングムを宮廷から追い出そうと企てる。その結果、チボクという能力のない医務官がチャングムとシンビの指導員となってしまった。患者の尚宮に対して医務官の言うとおり治療を行うと、案の定、症状が悪化してしまい、責任は二人のせいにされてしまう。

コメント

  1. とん子 より:

    koreandramaさんおはようございます。
    やはり宮中に戻ると話が盛り上がりますね!
    ヨンセンとの再会は感動的でした。私はミン尚宮&チャンイあたりからウルウルしてたんですけどね。
    王様はあれ以来一度も現れず!女官たちにはお荷物扱い。窓際族のような状態なのに、チャングムの無事を一生懸命祈る姿は涙×2です!
    一方、グミョンやチェ女官長との再会はピリピリムード!さあこれから(復習)始まったといった感じでしょうか?対照的に描いているのが上手いですね!

  2. koreandrama より:

    とん子さん、コメントありがとうございます!
    久々の宮廷でのストーリー展開に引き込まれました。
    このドラマにチェ尚宮やオ・ギョモ、パンスルは
    欠かせません。確かに、一方では感激の再会を演出
    しつつも、他方ではチェ一族とのピリピリムードで
    グッと盛り上げていく手法はさすがですね。

タイトルとURLをコピーしました