【宮廷女官チャングムの誓い】第四十三回「皇后の決断」

宮廷女官チャングムの誓い
ss from abematv

危うくネシブによって闇に葬られるところだったチャングムが長官のおかげで釈放された。だが、もうちょっとのところでチャングムの息の根を止めることができたのにと、チェ女官長としては腹立たしい限りだ。

今の宮中の関心事は、王様の病状が一体何なのかという一点に注がれている。チャングムはそれを突き止めようと危険を犯して秘文書館での王様の病状日誌を手に入れようとした。

ネイウォンの医局長自身にも分からない。彼はヨリに言う。「頻繁に傷寒症になる。一度なると治りも遅い。自然に収まっていくのを見ると何かある」傷寒症ぽいが断定はできない。なので、毎回薬の処方を変えて試していた。

そんな中、ネシブの役人でさえもパンスルがぶら下げる財産というニンジンを前にして欲に目がくらんだのか、ついにオ・ギョモにチャングムの件の真相を伝えてしまう。こうなっては長官もお手上げだ。女官長の思う壺。万事休す。

今回の見所は、チャングムがネシブの役人に白い袋に入れられた後、闇の中に連れ出されて毒を飲まされそうになるシーンと皇后が登場するラストシーンであろう。

チャングムの件を知った皇后は激怒する。「許せぬ。私の信頼をかたにきてそのようなマネをするとは。掟にのっとり処分せよ

ネシブの役人たちに連行されて部屋に閉じこめられたチャングムはつぶやく。「ハン尚宮様、後悔は感じません。ただただ、残念です。真相が明かせたのに

その後、チャングムは王宮の外に連れ出されて密かに処分されることになる。連れ出されたところを確認したのはヨンノとその伯父。これで一件落着と思いきや、王様が倒れて宮中は騒然となる。薬のせいかどうかが分からない医局長はスラッカンにその責任を押しつける。その結果、クミョン最高尚宮のの身柄が一時拘束され、ネシブ、ネグミ、ネイウォンの部署が合同で調査することになった。

てっきりチャングムは毒殺されたと思っていたが、チャングムは生きていた。目隠しを解かれて、ある部屋に連れてこられた。

目の前には皇后が姿を現す。彼女はチャングムに言う。「すぐに殺さずに猶予を与えたのはお前が王様のご病気が誤診ではないかと考え、真実を突き止めようと聞いたからだ。それは本当なのか。突き止められるのか。突き止めてみせよ

皇后の凛とした態度に圧倒されそうになるチャングム。声も出ないが、かすかにうなずいていた。

コメント

  1. とん子 より:

    koreandramaさんこんにちは。
    皇后様はやはり先見のめいがありましたね。今の政治家たちにも見習ってほしいものです。
    あの長官はきっとチェ女官長が去った後、チャングムが王様の病気を解明しようとしていることを告げたのではないでしょうか?皇后様もオギョモが気に入らないようだし。
    チャングムはこれで堂々と真相究明に乗り出せますね。宮中では死んだことになってるから、チェも手が出せないし。次はもっとおもしろいことになってますよ♪

  2. koreandrama より:

    とん子さん、コメントありがとうございます!
    皇太后がチャングムの味方である限り、これほど心強いことはありません。チャングムにとってチェ一族を追いつめるチャンス到来か。いよいよ、このドラマも佳境に入ってきて本当に目が離せません。

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました