【宮廷女官チャングムの誓い】第四十八話「チェ一族の崩壊」

宮廷女官チャングムの誓い
ss from abematv

アヒル事件の事情聴取の場でオ・ギョモとチェ女官長が互いに罪をなすりつけている間に突如現れたのが、死んだハズの医局長。一同は唖然するほかはない。

医局長が証言したのは、この事件の真相はオ・ギョモとチェ女官長がたくらんだこと。わざと料理に原因があるようにみせかけてハン尚宮を追放し、それを黙認したオ・ギョモはチョガンジョを謀反人に仕立て上げた。

もう逃げられないオ・ギョモとチェ女官長。結局、チェ女官長は身柄を拘束され、オギョモは軟禁となる。

ついに、チェ一族の崩壊が始まった。パンスルは奴婢として連行される間に命を落とし、クミョンは職を剥奪される。それでもしぶといチェ女官長は最後の最後まで保身を考える。

やはり、頼みとするのは皇太后。しかし、すぐさま、はねつけられる。チャングムに自首を勧められたチェ女官長は、ミョンイの墓の前で謝罪の言葉をかけつつ自首を誓う。

しかし、これまでの悪行の数々がこんなことで償えるはずがない。お墓を後にして帰る途中で赤い布が木に絡まっているのを見つけたチェ女官長。

何かに引き寄せられるようにその布を取ろうとした瞬間、足を滑らせる。かろうじて木につかまりながらも最後は力尽きて断崖絶壁から落ちてしまう。うーん、哀れな最期だ。

さて、今回の件で手柄を立てたチャングムは、王様に 3 つの願いを申し出た。無実だったハン尚宮の身分を回復すること、亡き母の身分も回復すること、3 つ目は次期最高尚宮が決まるまで自分が最高尚宮になること。

久しぶりに料理の腕うふるうチャングムは生き生きとしている。チャングムは、母の料理日誌を広げると、母の声が聞こえる。自然と涙が頬を伝わる。願いをすべてかなえたチャングムは王様に礼を言う。王様はチャングムとの言葉のやりとりの中であることを思い出す。

王位に就く前に、幼子が酒を配達にきて尚宮に向かって女官になりたいと言ったのがチャングムだったことが分かり、王様は満面の笑みを浮かべながらチャングムとの縁を喜ぶ。

コメント

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました