【宮廷女官チャングムの誓い】 第四十七話「口封じ」

宮廷女官チャングムの誓い

八方塞がりのヨンノ。意を決して役所にチェ一族の悪行を伝えに行こうとするが、役所に入る手前のところでパンスルの手下に捕まってしまう。オ・ギョモの約定を持っていることがバレてしまった。

カンカンになるパンスルとチェ女官長。万事休す。もうヨンノに残されている選択肢はない。オギョモの科挙の試験にまつわる横領の告発を言わされて、結局、用がなくなればサッサと消されてしまった。

一方、チャングムが医局長の遺書を持っていることで居ても立っていられないチェ女官長。チャングムの家を尋ねてきて、ミョンイのお墓の前でチャングムに許しを請う。

でも、やはりチェ女官長の本質は変わらない。チャングムが、役所に出頭することを求めても「家だけは残しておくれ」と往生際が悪い。

さて、チャングムの遺書をめぐって宮中では大騒ぎ。皇太后ばかりではなく、王様もぜひ見たいと言うが、チャングムは遺書はないことを告げる。この騒動の中で王様はついに決断する。例の硫黄アヒル事件の真相究明に乗り出した。

事件当時の関係者は全員招集。尋問が行われる。それにかかわった役人、尚宮、医女、担当医、医女も出頭。この場で、オギョモとチェ女官長はお互いが、相手のせいであることを言い張り、身の潔白を主張する。

そんな侃々諤々の議論の場で、アッと驚くような事態を目の当たりにする。

 

 

 

何とチョンホとチャングムが、その招集された場に一緒に連れてきたのは死んだハズの医局長だった。

 

コメント

  1. とん子 より:

    koreandramaさんおはようございます。ヨンノの人生ってなんでしょうね♪ただただチェ一族に利用されて、使えなくなったらあっさり捨てられる。彼女も可愛そうな女です。
    ヨンノを一番理解していたのはヨンセンだったのではないでしょうか?彼女が死んだと聞いて泣いていましたから。あんなに仲悪かったのにね。
    医局長の登場は驚いたでしょ?私もBSで見たとき驚いたもの!
    このドラマの脚本には目を見張るものがありますね。

  2. koreandrama より:

    とん子さん、お久しぶりです!!
    コメントありがとうございます。
    ヨンノとソリが合わないと思っていた
    ヨンセンが涙を流すのは意外でした。
    医局長の登場は「うわーすげー」と
    思わせるほどの凄みがありましたよね。
    韓国ドラマの真骨頂です。すごい
    ドラマだなと毎回感心するばかりです。

タイトルとURLをコピーしました