【宮廷女官チャングムの誓い】第三十九話「ヨリの企み」

宮廷女官チャングムの誓い

皇后から絶大なる信頼を得たチャングム。チャングムが女官だった頃に作った料理を食べたいという皇后の元にチャングムが料理を持っていくと、夜食を持ってきたクミョンとかち合ってしまう。

チャングムの料理に対して「この味だ。前と少しも変わっていない」と喜ぶ一方で、クミョンが持ってきた料理は食べないという。チャングムとクミョンの間に気まずい雰囲気が漂う。

皇后の部屋を出たクミョンは怒り心頭。すれ違ったヨリに声をかけ、自分の部屋に呼ぶ。そこでクミョンは、ヨリが富と権力との引き替えにチャングムを差し出すという取引に応じる。

 

さて、都の近辺では疫病がはやっている。王様は医務官と医女の派遣を命じるがその派遣にヨリが志願する。ところが、これもヨリの策。

とにかく、今回はヨリの策士っぷりが際立つ。その策にまんまとハマるチャングム。

まず、本来はヨリの担当である皇后の朝の問診を、わざとチャングムにやらせて、和を乱したような印象を与えて孤立させる。次に、使ってはいけない食材をスラッカンに伝えるための指示書を隠して、チャングムが隠したようにしむける。

さらに、ヨリのしわざに気づいたチャングムがヨリを責め立てると、わざと泣き顔を作ってチャングムにいじめられているように回りに印象づける。これに引っかかったのがシン医務官。

チャングムを白い目でみつつ、「お前は出て行け!

ヨリのあれやこれやの策のおかげで、ネイウォンでの医女長や医女仲間からチャングムへのバッシングが起こり、結局、疫病の地域に派遣されるのはヨリではなく、チャングムになってしまった。

疫病の地域でもチャングムの試練は続く。チェ側やユリとグルになっている医局長のチョン・ユンスがチャングムに薬剤の管理をまかせる。しばらくして疫病の特効薬を売っていた男が捕まった。薬剤の倉庫の管理を行っている者から金を貰って手伝ったという。

その相手について、この男が「あの医女です」と指差したのはチャングムだった。チャングムは寝耳に水。処刑される絶体絶命のピンチ。それを救ってくれたのがチボクだった。その男が薬剤倉庫で薬を受け取ったこと、その医女が倉庫の鍵を持っていたことを確かめたあと、「本当にそうなのだな」と念を押した上でチボクは「私が鍵を持っていた」との事実を伝えてその男の嘘を暴いた。

チボクのおかげで難を逃れたチャングム。チボクが「鍵はワシに預けなさい。どうもワシは患者の治療には向いていないようでな」と照れくさそうに正直に言うところがまたイイ。

今回の見所は、やはり、チャングムがヨリの嘘に騙されて村に封鎖命令が出たことも知らずにその村に戻るシーンであろう。特に、チャングムが村にいることに気づいたチョンホが馬に乗って村に戻り、チャングムを探し回り再会する場面は名シーンだ。

外でへたり込んでいるチャングムにチョンホが声をかける。
チャングムさん、どうしたんですか。行きましょう」私は行けません、と答えるチャングム。

 

私はネイウォンの医女仲間から見捨てられたのです」と悲しげな表情を向けるチャングムにチョンホは言葉を失った。

コメント

  1. 『チャングムの誓い』がおもしろい。(第40話・疫病発生)

    第40話。 「疫病発生」。
     
     
     
     
    今回は凹んだチャングムの場面からはじまります。
     
    姿の見当たらないチャングムを探し、封鎖された村に戻ったミンジョンホ。
    チャングムを見つけたものの、仲間に見捨てられたチャングムの今までにないほど凹んでしまい

  2. とん子 より:

    koreandramaさんおはようございます。今回はヨリの策士ぶりが冴え渡っておりましたね。彼女は自分がどう評価されてるかちゃんと知っていて言動したり行動したりしてます。嫌な奴だけど、こういうのが組織として生き抜くんでしょうね!
    またしてもヨリの策略に嵌り、疫病村に取り残されたチャングム。次はかっこいいチョンホ様が見れますぞ!!

  3. koreandrama より:

    とん子さん、コメントありがとうございます。
    ヨリもそうですが、韓国ドラマの意地悪キャラは本当に憎らしくなるところに、演技力のうまさを感じますよね。ますます次回以降が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました