【宮廷女官チャングムの誓い】第三十六話「誤診」

宮廷女官チャングムの誓い

皇后様の容態が一向に良くならない。そのわけは、ヨリの診断が間違っていたからだった。当初からそれに気づいていたチャングム。だが、医女見習いの立場ではその意見を表立って言うこともできず、チャングム自身も自分の診断に対して確信までには至っていなかった。

そうこうするうちに、ヨリの診断に基づいて針治療が進められると、ますます皇后様の容態が悪化してしまう。

そんな中、シンビを通じて、チャングムとヨリの診断が違うことが内医院(ネイウォン)の会議に出席する面々にも伝わる。

チャングムの口から聞く診断の内容は衝撃的だった。何と、容態が悪いのは、まだ皇后様のお腹の中に胎児がいるのではということだった。

結局、ヨリとチャングムの二人を同時に脈診させることとなった。

やはり、チャングムだけが「サン脈」を言い当てた。つまり、そうであれば、皇后様の命が危ないことを意味する。ヨリの見立てはハズれたことがないといえども、これまでの治療では効果がないのは明白だ。

ついに、チャングムの診断に沿って治療を行うことになった。そして皇后様に針を打つのはチャングム。ここは緊張する場面。針を打つ瞬間に、おもわずうめき声を上げる皇后様。

ハッとするチャングム。でも、気を取り直して冷静に針を打つことができた。
見ている方もハラハラドキドキの場面

今回の件で、居ても立ってもいられない女性がいた。ヨンセンだ。チャングムが戻ってきてもお祈りをしている。「皇后様をお助け下さい。チャングムのためにも。チョン尚宮様。今度、チャングムが危険な目に合ったら、ここに来ませんからヨンセンのチャングムへの一途な思いにはいつも泣かされる。

皇后様を処方してから2日たっても何の変化もみられなかったが、その後、皇后様が出血した後に死んだ胎児も出てきた。これで一安心。チャングムの見立ては正しかった。

診断が間違っていたヨリは、ネイウォンの会議の席ではひたすら謝り、「今後はチャングムに習うつもりです」とまで言い出す。しかし、この女の態度は単なる見せかけで、本心からではなかった。

チャングムに対しては、表情をガラッと変え、「恥をかかせてくれたわね」と言い放ち、チャングムは「えっ」と驚きの表情を見せる。

一方、ウンベク、シン先生とチャングムがいるところに、チャングムの指導員のチボクがやってきて「私の教え子です。いい子だ」と言うと、ウンベクは「悪い人ではないんだ」と三人は苦笑い。

うーん、なかなかこのチボクはいい味が出ている。

さて、チャチャンソンとオ・ギョモの対立が激化する。チャチャンソンとチョンホ側は、オギョモに真っ向から戦いを挑んだ。功臣が持っている功臣田の10の内、1を納めさせて、それを兵器の充実に当てるという案を王様に進言する。功臣田を最も多く持っているオ・ギョモをねらい打ちしていることは明白だ。オ・ギョモとチェ女官庁の対抗策は皇太后様を動かすことだ。

チェ女官長のさしがねで、持病が悪化している皇太后が治療を受けないことを宣言した。

コメント

  1. 『チャングムの誓い』がおもしろい。(第36話・誤診)

    第36話、「誤診」。
     
    テニスのウインブルドンの試合のおかげで1週間お休み、
    首を長くしてお待ちしておりました。m(__)m
     
    このドラマって毎回最後のほうになんか事件 ?が起こって、
    そんで、次週に引っぱります。
    「どうなるチャングム!?

  2. とん子 より:

    koreandramaさんこんばんは。チボク、いいキャラでしょう~♪私は2度目なので先が分かるんですが、彼は一見頼りないですけど、ちゃんとチャングムをフォローするんですよ!それにとても可愛らしいシーンも出てきます。お楽しみに!
    ヨンセンは本当にいい子ですね~♪自分の事は後回し。ひたすらチャングムの無事を祈り続ける姿は感動的です。ぜひ彼女には幸せになってほしいです(強調)

  3. koreandrama より:

    とん子さん、コメントありがとうございます! チボクはなかなか好感が持てますね。彼の茶目っ気のあるシーンはこれから楽しみです。一方、ヨンセンは周りから白い目で見られても献身的に祈る姿に感動します。彼女自身もいい方向にいって欲しいです。

タイトルとURLをコピーしました