【宮廷女官チャングムの誓い】第三十七話「母・皇太后」

宮廷女官チャングムの誓い

治療を受けないことを宣言した皇太后に対して必死の説得を試みる王様。だが、聞く耳を持たない。
それどころか、シン医務官が薬を差し出すと、こんなことまで言う始末だ。

お前の薬は怖くてのめない。誤診をしたであろう。数年前、宮廷の高官を死なせた。イヒョヌクを罷免に追いやった。逆にお前は昇進とは。一体誰のさしがねか

こうしたことを皇太后に吹き込んだ人物はイ・ヒョヌクで、当然、裏で糸を引いているのがオギョモとチェ女官長。功臣田の削減の件で危機感を持った二人が、皇太后を利用することでその案をつぶしにかかろうという狙いがあった。

王様は、いくら国防が大事とはいえ、実の母親を死なせるわけにはいかない。ついに決断を下す。

まず、医務官のシン・イクピルの職を剥奪せよ。それでも駄目なら功臣田削減はよせ、それでも駄目なら。。。志が何だ。どうして母上の命を奪う親不孝者になれようか

まさに苦渋の決断だ。これでチャチャンソンとチョンホの計画もオジャンと思いきや、やっぱりここでウルトラCとでも言うべき知恵を出すのが我らがチャングム。

ここで彼女は皇太后に謎解きを提案する。つまり、クイズ。でもこのクイズには彼女一流の仕掛けがあった。つまり、どっちに転んでも彼女に不利にはならない。

うーん、何となくチャングムも一休さんぽくなってきたな。

要は人を当てる問いで、誰のことか当ててくれと言う。以下のヒントが付いている。
1. その人は古くからの食医
2. 一家の僕であらゆる辛い仕事をしたが家族全員の師匠でもあった。
3. 生きている間はこの世は山だったが、その人が亡くなると、水に沈んだという伝説がある。

時間制限は一日のみ。でも、この謎解きに宮廷中が「うーん」と頭をヒネっている光景はちょっと滑稽な気がしないでもないが、まあそれはよしとしよう。

ただ、あらかじめチェ女官長から答えを知った皇太后は、その答えを言わずして治療を受けることを承諾する。

今回の見所は、何と言ってもこのクイズの答えをチャングムが言うシーンであろう。それは千金の値を持つ言葉だった。

答えは母でございます。食医の由来は母。子には寒い思いもひもじい思いもさせず、どんなに辛くとも子のために必死に働くからだ。最もつらい奴婢であり、誰よりもすばらしい師匠だと思う。

皇太后もチャングムの言葉に付け加える。「生きている限り、私は王を守る山であるが、死ねば、王の涙でこの世は海になろう。母である私がどうして王が苦しむことを望むであろうか。

チャングムについてはこう評価する皇太后。「本当にとんでもなく知恵が働く子だ。解けなければ薬を飲まざるを得ない。解ければ解けたで王を苦しめている自分に気づくそういう謎だった。

これでやっと皇太后は子を思う母親に戻った。だが、一難去ってまた一難。やっと皇太后が薬を飲むことに快諾してくれたのに、治療が遅れたことが原因でその薬も受け付けない体になってしまい、意識が朦朧となるような緊急事態も発生する。

コメント

  1. とん子 より:

    koreandramaさんおはようございます。
    この脚本家は天才ですね!「母」という抽象的な言葉をああいう形で表現するあたりは。
    確かに、チャングムのクイズに宮中じゅうが「う~ん」と首をかしげるシーンは滑稽でしたね。
    皇太后がやっと治療を受けてくれたと思いきや、遅れたせいで体が悪化!本当にこのドラマは視聴者を楽にさせてくれませんよね!

  2. koreandrama より:

    とん子さん、コメントありがとうございます!
    これだけの長丁場のドラマを毎回毎回アキさせないのは本当にスゴイですよね。まあ、だから欠かさず見てるんですが。来週の予告ではヨリの動きが非常に気になります。

  3. 5話あらすじ / 韓国ドラマ@ウェディング【あらすじナビ】

    【第5話 あらすじ】
    スンウ(リュ・シウォン)に2度と会えなくなる辛さを
    感じたは、セナ(チャン・ナラ)はスンウの過去を気
    にするのはやめ、結婚することを心に決めた。
    ユンスも寂しさを感じながらも2人??

タイトルとURLをコピーしました