【宮廷女官チャングムの誓い】 第四十四話「投獄」

宮廷女官チャングムの誓い

王様の病気の真相を突き止めることを条件に命拾いしたチャングムが連れて行かれたのは菜園だった。そこには、チャンドクもいて、傷寒症(しょうかんしょう)を患っている患者を10人ほど集めていた。ここで極秘に治療に当たることになった。

さて、王様の病気の原因をめぐってネィウォンとスラッカンの対立が激化する中、ネシブがスラッカンを調査する。

秘伝の薬味の器の中に笑い茸という毒キノコが見つかったことでチェ女官長とクミョンが監禁されてしまった。

この毒キノコを入れたのは医女のユリ。今回、このユリの素性が明らかになる。何と、かつての女官長が飢え死に寸前のユリを助けたことがあるという。だから恩のある女官長を追い出したチェ一族に対してユリはうらみを抱いていた。

さらに、このかつての女官長はオ・ギョモまでも味方に引き込もうと説得をする。彼女の目的はチェ一族を追放して、元の女官長の地位に戻ること、その一点である。

悪行の証拠です。これでチェ一族はおしまいです」とオ・ギョモに証拠の書類を手渡す元女官長。

今回の見所は、牢に入れられたチェ女官長とクミョンに対してチャングムが二人に反省を促す一連のシーンだろうか。

チャングムは冷めた目で二人を見て言う。「最後の機会を与えましょう。今までのことを悔いて反省してください」お前に謝罪などしない。許しを請うこともしない、とつっぱねるクミョン。

外で待っていたチョンホは、チャングムの表情からそれが無駄であったことを悟る。「会ってみてもあなたが傷ついただけでしょう」はからずもチェ女官長とクミョンの運命を握ることになったチャングムは、それでも、こうした形でのチェ一族の崩壊を望まなかった。

復讐のためにもこのまま黙ってはいられない。このまま死ねばハン尚宮の無念は永遠に葬り去られます

菜園では、チャングムの治療の成果が現れて患者たちもすっかり症状がよくなった。病状の原因の特定に確信を持ったチャングムとチョンホは、チェ一族の釈放を申し出る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました