春のワルツ 第七話「母の眠る島へ」

春のワルツ
ss from gyao

ウニョンに、貝殻細工が入っている箱を落とされたチェハは烈火のごとく怒る。
ここで何をやっているんだ!!」ウニョンがピアノの練習場から出て行くと、フィリップも「ウニョンさんに謝れよ」と詰め寄る。

その夜、ウニョンがベッドに寝ているときにそばに置いてあった携帯の着信音が鳴った。彼女はそれを手に取り、留守電の声を聞く。

画面キャプチャ:Gyao

チェハからだった。
悪かった。だけど、彼女を見るとなぜかイライラするんだ。一番の親友なのに心から反省している。」フィリップへ向けてのメッセージ。つまり、この携帯はフィリップのだ。ピンクトラックで忘れたらしい。

翌日、ウニョンはフィリップの携帯を返そうと、フィリップが泊まっているホテルのフロントを訪ねた。そしてスカートが破れているのに気づいたウニョンがトイレで縫い合わせることに。そのときたまたま、ゴミ箱の中の財布を見つけたのでフロントに届けると、落とし主の婦人もいた。その婦人は財布を見るやいなやウニョンを泥棒扱い。すごい剣幕だ。

そこを通りかかったチェハが間に入ってその婦人を謝らせてその騒動は収まったが、ウニョンは気が収まらずホテルから出て行く。

画面キャプチャ:Gyao

一人残されたチェハはフロントから声をかけられる。先ほどウニョンから預かったフィリップの携帯と、彼女が先ほどの騒動の際に落としていったコンパクトを渡される。

そこで初めてチェハは、フィリップへのメッセージをウニョンに聞かれたことに気づく。チェハがウニョンのコンパクトを開けると、中のファンデーションは粉々になっていた。

チェハがホテルの化粧品売り場でコンパクトを買っているところを見かけるイナとイナの友人ヒジン。イナは、てっきり、自分へのプレゼントと思い込み声はかけなかった。

その後、ホテルのテラスで 3人は食事を取る。「チェハさんってロマンチストですね。プレゼントなんてしない人と思っていた」とヒジンの何やら思わせぶりな言い方にピンとこないチェハ。

さらに、記者のヒジンはこうも言う。イナから聞いていたチェハのイメージが違う。温かいと思っていたのに、何か秘密をかかえているような感じする、との言葉にムッとして席を立つチェハ。

ところで、故郷のチョンサン島に母の墓参りに来ているウニョン。そのことをウニョンの友人ミジョンから聞きつけたフィリップも後をついてきた。

彼女は母の墓前で言う。「今日は思いっきり泣こうと思ったのに邪魔者がいるよ、お母さん

画面キャプチャ:Gyao

お墓がある高台から遠くの海を眺めつつ、「お母さんに会いたいな」とつぶやくウニョン。この後、二人は帰りの船に乗り遅れ、民宿に泊まることになる。

一方、イナは、チェハと一緒に、小学校時代の同級生たち何人かと会っていた。チェハを呆然とした表情で見つめる同級生。それぞれ「オレ分かるか」「私は、誰だか分かる」と聞くが、当然チェハは分からないので、「相変わらず無口なヤツ」と言われながらも無口で通す。

その中の一人が「カナダで死んだってうわさがあった」という言葉を聞いて、一瞬チェハは顔色を失うが誰にも気づかれなかった。

さて、フィリップと同じ民宿に泊まっているウニョン。携帯にチェハから連絡が入り、ピアノの練習場で怒った件を謝るチェハに対してホテルでのことのお礼を言う。そして眠りについてから幼い頃の夢を見る。

幼いウニョンがスホの父親に言う。「おじさんについて行くと、スホお兄ちゃんにも会えるんですか」「もちろんだよ

まるっきりのウソだった。アパートの大家さんには田舎の姪っ子で面倒を見ることになったと紹介するが、賭博師の父親がウニョンにやらせたのは、賭博の最中でのたばこやら何やらの使いパシリ。

ある日、目を覚ますと、スホの父親はどこかに消えていた。その借金の肩なのか、大家さんから強い口調で雑巾がけのそうじを命じられるウニョン。そこで目が覚める。悪夢だ。目には涙がにじんでいる。

空港に到着したチェハの両親を出迎えるチェハとイナ。その後、チェハが泊まるホテルに着いて、ウニョンとかち合ったイナがチェハの両親を紹介する。

画面キャプチャ:Gyao

彼女も「パク・ウニョンです」と名乗る。

フィリップはウニョンに例の白い靴のプレゼントを渡す。「いつももらってばかりだわ」とうれしそうな表情のウニョン。フィリップは彼女をそっと抱きしめる。それを遠くから見つめるチェハ。

手には、ウニョンに渡そうと思っているコンパクトが握られている。フィリップがウニョンにキスをしようとするところで終わった。
うーん、いつもいいところで終わってしまう。

コメント

  1. 春のワルツのあらすじ 第7話

    春のワルツのあらすじ・ストーリー 第7話「母の眠る島へ」のネタバレあらすじ ウニョンに大切な貝殻細工の入った箱を落とされたジェハは 激怒し、思わず怒鳴ってしまう。 そんなジェハをフィリップは責める。 そして二人は仲たがいすることに。 ジェハはフィリップに謝..

  2. とん子 より:

    koreandramaさんおはようございます。あの頃のウニョンは死んだと分かっていてもやっぱり彼女の顔を見ると面影を追いかけたくなるんでしょうね!
    「彼女を見るとイライラする」そうとうチェハの中で気になる存在になっている証拠でしょうな!イナに対しては全く興味を示さないもの。
    でも何気にこやつ怪しいという雰囲気をかもしだしているんですよね(笑)
    もうフィリップはウニョンへまっしぐら!彼の気持ちがウニョンに届いてほしいと願ったんですがねえ~♪(ため息)

  3. ポルコ より:

    どうもこんにちは!
    いろんなブログを応援させていただいています。
    応援ポチッ!

  4. koreandrama より:

    とん子さん、コメントありがとうございます!!
    > イナに対しては全く興味を示さないもの。
    イナが可哀想なくらいです。
    >彼の気持ちがウニョンに届いてほしいと
    願ったんですがねえ
    私も同感です。すぐさまベストカップルに
    なれそうな雰囲気は漂っているんですがね。
    うまく行かないものです。
    ポルコさん、初めまして。
    応援ありがとうございます。

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました