春のワルツ 第二話「虹の貝殻」

春のワルツ
ss from gyao

世界的なピアニストとなっているチェハ (ソ・ドヨン) 。彼は15年前、韓国にいて、父親と小さな南の島にやってきていた。

父親のチョンテ (イ・ジョンテ) は、その息子のスホ (ウン・ウォンジェ、チェハの少年時代) を祖父に預けようとしたが、すでに祖父は他界。

落胆したチョンテがスホと海岸沿いで寝込んでいるところに 「大丈夫ですか」と声をかけてきたのが、幼なじみのヘスン (ユン・ユソン) だった。彼女のそばで立っていたのは少女のウニョン (ハン・ソイ)

画面キャプチャ:Gyao

チョンテはヘスンに言う。これまで島に帰ってこなかったのはアメリカのカリフォルニアで小さな会社を経営していたからだ。これからは、こっちに本拠地を移すなどと、ウソ八百を並べる。

さらに、何日かスホを泊めてくれないか、とヘスンに頼む込んだチョンテは、スホの意志に反して一人で船に乗って行ってしまう。

ヘスンの家で過ごすことになったスホは、彼女から、ウニョンの勉強を見てほしいと頼まれる。ウニョンは体が弱く、学校を休みがち。ひとりぼっちなので、勉強を
見て英語も教えて欲しいとのこと。世話になっているので、スホはただうなずく
しかない。

翌日から二人で学校にも行く。先生に当てられたスホが九九の計算ができず、ウニョンに助け船を出してもらう。「アメリカから来たのでこっちの勉強分からないんです。本当はすごく頭がいいの」先生は納得し、スホが席に戻ると、にっこりと笑みを浮かべるウニョンに、ばつの悪そうな表情のスホ。

学校の帰り道、ふざけて菜の花畑に隠れるウニョン。かくれんぼをする二人。スホがウニョンを探そうとするがなかなか見つからない。そのうちに、父親とはぐれた
ことを思い出し、突然 「やめた」と言い出すスホ。「どうしたの」と怪訝そうな顔をするウニョン。

画面キャプチャ:Gyao

しばらくして、どしゃぶりの雨も降り出して雨宿りをする。ウニョンは手を合わせて目をつぶっていた。目を開けると、スホにこう言う。
そこに石を積んで願い事すると、絶対かなうんだよ。お兄ちゃんがずっと家にいてくれますように

今回の見所は、やはり、スホが、お金が足りなかったために船に乗れなかったことをウニョンに八つ当たりして、「泳いでソウルまで行くぞ」と言って海で泳ごうとする場面であろう。

そのとき、彼はわざと溺れたフリをする。そうとは知らずにびっくりしたウニョンが海に入って助けようとするがウニョン自身が溺れてしまうことに。一命は取り留めたものの、ソウルでの手術を必要とし、このままだといつ死ぬか分からないという。

スホは、ウニョンの病気が治るように一生懸命祈る。「本当はオレ行くところないんだ。ウニョンもずっと生きていて。」何とか元気を取り戻したウニョンは、スホとこれまで以上に仲良しになった。

虹の貝殻をもらうスホ。貝殻を太陽にかざすと、虹のようにキラキラ輝くという。
アメリカにも虹はあるの、と聞くウニョン。アメリカにも貝殻はある? うん、と気のない返事。

画面キャプチャ:Gyao

ABC の歌も口ずさむウニョン。ABCDEFG… L のあとをスホに聞く。「Lの次は何?」ウニョンの病気が直るようにウソはつかないと心に決めていたスホは、本当のことを言った。

おれさ、アメリカ帰りじゃないんだ。アメリカに住んだこともない。全部ウソなんだ。学校は二年生のときにやめて。九九も知らない。泥棒で嘘つきなんだ。これでもお前のお兄ちゃんになれるかな。オレの妹になれる?
黙ったまま下を向くウニョン。

ウニョンが空を見上げると、空には虹が出てきた。うーん、海辺の波しぶきが光って、ハートマークが浮き上がるラストシーンも印象的だ。

次回の予告では、二人の人生に大きな影響を与える
重要なシーンがいくつかありそうだ。

コメント

  1. とん子 より:

    koreandramaさんおはようございます。
    >次回の予告では、2人の人生に大きな影響を与える重要なシーンがいくつかありそうだ<
    はい!その通り!!第2,第3話はこのドラマの核です。後に大きく影響してきますのでお楽しみに!
    それにしても子役達の演技力!抜群でしょ?ウニョンの子役の子はこれがデビュー作なんです。でもデビューとは思えない迫真の演技力。スホ少年役の子もすばらしいんです。韓国の俳優さんって大人だけでなく子供も抜群の演技力を持ってますよね♪

  2. koreandrama より:

    トン子さん、コメントありがとうございます!!
    私も、つくづく演技がうまいなーと感心しながら見てました。ウニョンの子役の子はこれがデビュー作とは本当に驚きです。スホの演技にも引き込まれます。

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました