【宮廷女官チャングムの誓い】第十話 「呪いの札」

宮廷女官チャングムの誓い
ss from abematv

冷麺を口に入れて味を確かめる王様。深くうなずきつつ 「これはうまい」と満足した様子を見せる。安堵の表情を浮かべるチャングムとクミョン。

それから数日後、チャングムはハン尚宮からうれしい知らせを受ける。チャングムが退膳間(テソンカン)への手伝いを言い渡されたのだ。ヨンセンも一緒。野営での騒ぎの罰としてミン尚宮が出入り禁止になったので、その代役としてだ。

ついに母の料理日誌が置いてあるテソンカンに入ることができる。チャングムはうれしくてたまらない。テソンカンでの勤務初日、早く料理日誌を見つけたいという気持ちが先に立って人の言葉も耳に入らないチャングム。

さて、裏ではひそかにチェ一族の策謀が進行している。パンスルがチェ尚宮にお札を手渡してこう言う。「今月の8日まででないと、効き目がないそうだ」「いつかは、やらねばならぬことです今回は、何をやらかそうとしているのか、この時点ではよく分からない。

チェ尚宮は、その陰謀の実行部隊としてクミョンを指名する。クミョンは話を聞いて驚愕する。「そこまでしなくても」彼女の正直な気持ちだ。プライドもある。

その陰謀とは、懐妊している妃のお腹の子供を女の子に変える呪いの札をテソンカンに隠すというもの。男の子が生まれれば、チェ一族の安泰は保証されないからという。

彼女は、葛藤し、悩み、苦しみ、ついに決断する。「それが定めならば、受け入れます。でもこんな定めは私の代で最後にしてみせます彼女の心からの叫びだ。

しかし、事はそう簡単に進まない。テソンカンにその札を隠そうとするクミョンと母の料理日誌を探そうとするチャングムの行動が、とんでもない事態に発展してしまう。

要は、その恐ろしい札が、チョン最高尚宮や他の尚宮にも見つかってしまったのだ。まず、最初に疑われたのはチャングム。本当のことは言えないチャングムは倉に閉じこめられてしまう。チェ尚宮はチャングムを始末するようチョン最高尚宮に進言する。絶体絶命のチャングム。どうしてこうチャングムばかり不利な状況に追い込まれるのか、と見ている方は思わざるを得ない。

クミョンとチャングムの様子をこっそり見ていたヨンセンは、チャングムが殺されるかもしれないことを知ると、いてもたってもいられない。倉にいるチャングムに「本当のことを話すのよ」と涙ながらに訴える。幼い頃、事実を話したことで実の父と離ればなれになったことを思い出すと、どうしても本当のことは言えないチャングム。

ヨンセンはついに、彼女がテソンカンで見たことを正直にチョン最高尚宮に伝えた。その結果、クミョンも倉に閉じこめられる。クミョンもチャングムも口を割らないので、いよいよ役人に引き渡すということろまで追い込まれてしまう。

チョン最高尚宮は、クミョンとチャングムを倉から出して、「これが本当に最後だ。テソンカンで何をやっていたか、どちらかが言わないと引き渡す」との強い口調。ここで、チャングムは、顔を上げて何かを言おうとするところで、次回に持ち越し。チャングムがこの試練をどう切り抜けていくのか、今から待ち遠しい。

コメント

  1. とん子 より:

    koreandramaさんこんばんは。「大長今」本格的に動いてきましたね。いよいよ、チェVSチャングムの戦いになっていくと思います。
    汚い仕事をして地位を築き上げたチェ一族。その宿命をグミョンはどうやら避けられないようです。
    このドラマのすごさはこうしたジェットコースターのような次々といろんな出来事がこれでもかというふうに出てくることです。視聴者を離さない魅力がここにあるようですね。韓ドラは!!

  2. koreandrama より:

    とん子さん、こんばんは。巨悪と対決する
    善という構図は分かりやすくて面白い
    ですね。ますます楽しみになってきました!

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました