K-POP 旋風について

年末の紅白を見ると、2011年は、KARA、少女時代など、韓国勢の優勢が目立った年だったな、と思う。これまでの韓流ブームは、30代以上の女性層と、歴史好きな中年男性層の二極化が進んでいたが、ここにきて10代、20代にもその波が押し寄せてきた。

電車の中でも、若い女の子が普通に「少女時代が..」という会話を聞くし、「ハングルの響きがカワイイ」との声も耳にする。

これほど日本で受けている要因って何かと考えると、KARAのヒップダンスに代表されるような、踊りたくなる振り付けと、もちろん歌唱力の高さにあるのは間違いない。

オリコンランキングでも、韓国勢が毎週上位に顔を出すなど、人気が高まっている。

ちなみに、2011年オリコン上位に入った順位とグループ名を列挙すると、以下のとおり。
(S=シングル、A=アルバム、5位以内に初登場した週のみ)
—————————–
9/26 S3位 RAINBOW
10/3 A1位 2NE1
10/10 S1位 T-ARA
A1位 東方神起
A3位 FTISLAND
10/17 A5位 KARA
10/24 S2位 SHINee
A3位 超新星
10/31 S3位 KARA
S4位 CNBLUE
11/7 S2位 MBLAQ
A2位 少女時代
11/14 S4位 2PM
A4位 キム・ヒョンジュン
—————————-

さて、今年 2012年に活躍しそうな韓国アーティストをピックアップしてみよう。

1. CNBLUE(シーエヌブルー)
ロックバンド。すでに今年1/19に発売された日本メジャーデビュー曲「In my head」がオリコン
チャート3位を記録し、同日4位のKARAを上回った。

2. IU(アイユー)
韓国では「韓国国民の妹」と呼ばれるほどの人気ソロ歌手で今春日本でデビュー予定。
すでにプレ・デビューアルバム『I□U』が12月14日に発売されている。うーん、写真を見ると、
すごいセクシー。

3. キム・ヒョンジュン
昨年6月より、「SS501」という人気グループのリーダーからソロ活動に転身。
1月25日、日本で初のシングル「KISS KISS /Lucky Guy」を発売。

4. 2AM
ボーカルグループ。
今年1月12日「Never let you go~死んでも離さない~」で日本デビュー。
今年もK-POP旋風が吹き荒れるのは必至だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました