「K-BOOKフェスティバル 2020 in Japan」2020年11月28日開催!

日記

今月の28日に、「K-Bookフェスティバル 2020 in Japan」が開催される。
もちろん、オンラインで、参加費は無料。
韓国文学に興味がある方は、参加してみてはどうだろうか。オンラインなので、どこにいても参加できる。

K-BOOKフェスティバル2020 in Japan 公式サイト
K-BOOKフェスティバルは"韓国の本"をこよなく愛する人たちの「もっと読みたい、もっと知りたい」という声にお応えする本のお祭りです。

日時 2020/11/28(土) 12:00-20:00

2020/11/29(日) 11:00-19:00

会場 オンライン
参加費 無料、一部プログラムのみ有料
オンライン登壇者 キム・スヒョンさん
(11/28(土) 18:30-20:00)
ハン・ガン
さん
(11/29(日) 17:00-18:30)

さらに、キム・スヒョンさん、ハン・ガンさんもオンラインで登壇するとこと (ハンガンさんは、要チケット購入)。

ハン・ガン:イギリスの文学賞「ブッカー賞国際部門」でアジア初の受賞。受賞作品は「菜食主義者

キム・スヒョン:エッセイ「私は私のままで生きることにした」の著者

ちなみに、当日のタイムテーブルは以下のとおり。

 

今は、空前の韓国文学ブームなのだという。そのきっかけは、「文藝」の「韓国・フェミニズム・日本」特集号で1万4千部のヒットとなって以来。

なぜ韓国文学ブーム? フェミニズム文学で注目の若き女性作家たち
韓国のフェミニズム文学が、いま熱い。「海外文学のコアな読者層は日本にたった3000人しかいない」といわれていた出版不況の日本において、チョ・ナムジュの小説『82年生まれ、キム・ジヨン』(筑摩書房、訳・斎藤真理子)は、翻訳版が2018年12月

また、チョ・ナムジュの「82年生まれ、キム・ジョン」が今年の9月時点で日本で21万部のヒットを記録し、現在、映画も公開されている。

 

コメント

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました