週刊新潮「ヨン様の光と陰 (前編)」

こないだ買って読んだ週刊新潮の記事には
目を見張った。
「ヨン様の光と陰 (前編)」
まさに、初恋のチャヌそのもの。
チャヌを彷彿させる。 読んでいて、
ぐっと涙をこらえるほど感動すら
覚えた。
初恋 プレミアム版 DVD-BOX3
彼がどうしてこれほどまでに多くの人を
魅了するのか、その一端がかいま見えた
気がした。
彼はかつてテレビのインタビューで
高校時代は、自分も反抗的で内向的な
部分があった
」と語ったことがあるという。
記事では、その「反抗」と「内向」が彼に
とって重いものであることと、その具体的な
エピソードを紹介している。
彼は、私立の名門中学校を卒業し、
これまた名門の進学校に進む。
しかし、自らエリートの道を捨てた。


『当時の彼は、髪に軽くパーマをかけて
サングラスを襟からぶら下げるような
おしゃれな少年だった。周りからも
「俳優になれ」と勧められるほど女子校
でも評判の美男子だった。』
『すごく運動が好きで、休み時間なんか、
一人で黙々と腕立て伏せをしていました』
そういう表向きの評判とは違って
裏ではこう呼ばれていたという。
アウトサイダー拳
『とにかくケンカっ早くて、怒らせると
すぐにパンチが飛んでくる』
『ある日、昼食の弁当を広げているときに
仲間の一人がそれを見つけてオカズを
とろうとすると、すぐさまパンチを食らわせ、
椅子から崩れ落ちたところにかまわず蹴りを
入れた』
彼は、自分の持ち物を勝手に触れられたり
家族のことをからかわれたりすると、手が
つけられないほど怒る。ケンカはめっぽう
強いので、どんなワルでも彼には手出しで
きなかったとのこと。
韓国では、高校時代のペ・ヨンジュンについて
ワンパンチ・スリーコーン」と呼ばれていたとか。
(一発で歯を3本折るほどのパンチを持つ奴)
彼の元に集まってくる仲間も “不良学生”
だった。その一人によると、
『ヨンジュンとはよく隠れて焼酎を飲んだし
タバコも吸った。市内のナイトクラブにも
こっそり遊びに行ったもんだよ。。。。』
ただ、自分の進むべき道が見つからない。
付き合っていた彼女にもフラれる。
誰もが多かれ少なかれ通る道を彼も
同じように通り悩んだ。
優秀だった彼も、気がついたときには
そのツケは大きく、残された道は
俳優しかなかった。あたかも、それが
彼の運命であったかのように。
ここに天の配剤を感じると言えば
大げさだろうか?

イヤ、そんなことはない。
彼が運命論者かどうかは
さだかではないが、その後の
彼がスターダムにのし上がって
いくプロセスを見ると、あながち
それも的はずれではないだろう。
希代のスーパスター、ペ・ヨンジュン
初恋 ビジュアル オリジナル サウンドトラックDVD
この記事を読み終えた後、彼の中に
チャヌが実在したんだといううれしさ
のせいか、一人でほくそ笑んでしまった。
読み終えたらポチッと一票お願いします!
人気blogランキング
韓国ドラマブログランキング

コメント

  1. とん子 より:

    koreandramaさんこんばんは。「初恋」今BS2で放送されてますよ。ただ66話を40話に短縮してですけど・・・
    チャヌ、私も大好きです。ソン一家も大好き!ドンパル&シンジャもいいですね。
    チャニョクがワンギ達に追い詰められ交通事故で重体!皆の努力で見事回復!ドンパルも結婚。
    チャヌは司法試験をあきらめナ社長のもとでビジネスマンとして成功しようと決心したところで終わっております。早くイ一家やワンギ達をやっつけてほしいですね!

  2. koreandrama より:

    とん子さん、コメントいつもありがとうございます。初恋のBS短縮版は見てないので、残りの回を見てみようかなと思っています。本当に憎っくきイ社長、ワンギ達ですよね。これからチャヌが彼らと対決するさまが見どころですね。

タイトルとURLをコピーしました