輪舞曲 第四話「揺れる思い」

今までサスペンスとラブストーリー
のシーンがぶつ切れのような感じだったが、
やっとこの回でそれがつながってきたかな、
という印象を受けた。

ショウがアパートに戻ると、ユナが
ドアの前で座って待っていた。
ジャスティスを預けに来たのだ。
ユナはショウに「私だけ日本語覚える
のは不公平だから、あなたも覚えて」
と言う。ユナが一人で秋葉原に
ショッピングに行くことを知った
ショウは彼女に一緒に行こうとさそう。
初めてのデート。ユナは秋葉原でオタク
ぽい人たちが歩いているのを見て喜ぶ。


二人の茶目っ気たっぷりのやりとりが
微笑ましい。特に、ユナが電気店でどう
してキムチ冷蔵庫がないのとブーブー
言うシーンが面白かった。

喫茶店でショウはユナに自分は無職である
ことを伝え、その後立ち寄ったドックカフェで、
今度はジャスティスを連れて来ることを彼は
約束した。
さて、警察が保管する小林の携帯電話に伊崎が
出ると、サイという人物から連絡が入る。偽札
作りに関与しているらしい。伊崎はショウに、
宋のPCから保存した構成員データの中からこの
男のデータを絞り込むよう命じる。
また、龍吾からもショウに連絡が入る。
「偽札工場から逃げた男を捜して欲しい」
そいつの名もやはり「サイ」。
そんな中、ショウは、神狗ナンバー2の宋が
伊崎と会っているところを見かけてしまう。
宋とは何も重要な話はしていないという伊崎に
疑問を感じたショウはあえて伊崎の携帯に盗聴器
を仕掛けて、管理官と伊崎の会話から宋との
取引内容をつかむ。
宋の要求は、「潜入捜査官との命の
引き替えにサイを渡す
」とのこと。
この潜入捜査官とはショウのことだ。伊崎は
管理官に「琢己を犠牲にはできない。何とか、
サイの居所を突き止める」と言う。
自分の携帯が盗聴されていたことに気づいた
伊崎はショウに「オレに盗聴器を仕掛けるとは
こしゃくなマネをするな。知っているんだった
ら話は早い。サイの居場所は分かったのか」と
聞く。後はこっちにまかせろという伊崎の言葉
を制止して一人でサイのところに行くという
ショウ。
廃屋らしき建物に近づくショウ。そこには
サイが倒れており、ヨンジェが見張っている。
しかし、それは神狗がショウをおびき寄せる
ために仕掛けた罠だった。サイは神狗の構成員
だったのだ。その事実を掴んだ伊崎が、先回り
してその建物の別の窓から顔を出してショウに
罠であることをジェスチャーで伝える。
それでもショウが電気の配線を引っこ抜くと、
倉庫の中が真っ暗になり、銃撃戦が始まる。
伊崎があわや打たれそうになったところを
ショウが間一髪助ける。二人は何とかこの
ピンチを切り抜けた。
ショウは伊崎に「大丈夫ですか」と
言いつつ伊崎の傷ついた腕に触ろうとした
ところ、伊崎が手を振り払う。このシーンに、
伊崎の言うことを信じないショウに対する
彼のもどかしさがにじんでいた。

その後、ショウがドックカフェに行くと、
ユナが店の前のテーブルに座って待っていた。
片手にはジャスティスのキーホルダーを
握っている。ユナの表情が硬い。
どうして約束破ったの?あなたが神狗
だから
」と言うユナの言葉に耳を疑う
ショウ。
読み終えたらポチッと一票お願いします!
人気blogランキング
韓国ドラマブログランキング

コメント

  1. とん子 より:

    koreandramaさんおはようございます。秋葉原のデート、ほのぼのとしてよかったですね。
    ショウは神狗とぎりぎりの攻防戦を常日頃繰り広げなければいけないので、ユナと一緒にいるときが一番癒されるんでしょうね。
    神狗の中にもいろいろあるようですし(龍吾と父の関係)
    モグラの後姿を見るヨンジェ。ヒョンジュン氏の不気味な表情がいいです。
    来週も楽しみです。

  2. koreandrama より:

    とん子さん、コメントありがとうございます。
    やっぱり、この二人が出てくる場面が多いと、
    ホッとします。緊迫する場面も含めて来週も楽しみです。

  3. はじめまして私は、BlogBoxというブログランキングサイトを運営しております運営担当者でございます。
    現在、Blogboxではベータ版のためブログ登録者様が非常に少ない状態になっております。
    よろしければ参加してあなたのサイトをご紹介いただけないでしょうか。
    登録にはRSS/XMLを入力するだけですぐ登録していただけます。
    御検討いただけないでしょうか。
    どうぞよろしくお願いいたします。
    BlogBox運営管理者
    ■BlogBox
    http://apya.pya.jp/blogbox/

タイトルとURLをコピーしました