太王四神記 第一話「神の子 ファヌン」

太王四神記
ss from prime video

西暦384年のことだ。ゴツゴツした岩山がそびえ立つ中にコムル村という集落があった。あるとき「こら、待ちなさい!」と、一人の娘を追いかけている男がいた。お転婆娘らしく、彼が持っていた杖を折ったらしい。その娘はスジニ (シム・ウンギョン) という名で、男はヒョンゴ(オ・クァンロク) と呼ばれ、コムル村の72代村長になる。

ここに住む民は二千年にわたってチュシンの王を待ちわびていた。10年前、ついに王誕生を知らせる星が輝いた。

コムル村では、代々、玄武の神器を守ってきた。71代村長が息を引き取る間際に言ったのは、コムル村長であり、玄武の守り主が果たすべき一番の使命は、チュシンの王となるハズのホゲ様を見守ること。また、スジニをそばで見守り、黒朱雀になりそうだったらお主の手で始末をしないといけない、と言う。

このコムル村に代々伝わる神様の話とは一体何なのか。黒朱雀って何? 今までスジニには黙っていたが、ヒョンゴは、おもむろに神話の話をする。

二千年前の先史時代。空を崇拝する虎族という部族がいた。代々、火の巫女が存在した。カジン (ムン・ソリ) という女だ。多くの人々が虎族の剣やカジンの火で命を落としたため、世界を平和にする目的で神の息子として舞い降りたのがファヌン(ペ・ヨンジュン)。彼は太伯(テベク)山の神檀樹(シンダンス) に居を構え、神市 (シンシ) と名付け、チュシン国の首都とする。彼は3つの守護神を引き連れている。

雲を呼ぶ東方の守護神の青龍、風を起こす西方の守護神である白虎、雨を降らせる北方の守護神の玄武。

このおかげで平和が保たれた。だが、面白くないのは虎族。ファヌンの民に戦いを挑み、手当たり次第に惨殺。ただ、ファヌンが、戦いの中で傷を負ったカジンを助けたことがきっかけで、カジンはファヌンに心を寄せる。その時に、カジンの持っている火の力を紅玉の中に封じ込める。それは朱雀の心臓と呼ばれた。

その後、戦いは果てしなく続いたが、虎族を食い止めたのは熊族の戦士セオ (イ・ジア) だった。その紅玉をセオに授け、彼女は、自由自在に火のパワーを使うことができるようになった。ファヌンは、健気に人を治療するセオを愛するようになり、セオはファヌンの子を身ごもる。これに嫉妬の念を持ったカジンは、紅玉を取り
返そうとする。

今回の見所は、やはり何と言っても、カジンがセオの子を崖から突き落としたために、セオが怒り狂い、彼女の持つ火の力が暴走し、コントロールできない状態になったことであろう。

オレンジ色に輝く、怒りで暴走した朱雀。それが黒朱雀だ。彼女から放たれた怒りのパワーが、その黒朱雀となって村々に火を落としていく。まるで爆撃のようだ。それを見たファヌンは、方角の守り神を呼び出して食い止めようとするが、まったく効果はない。
ここでは一連の迫力のあるCGシーンが続く。

そして、朱雀の命を絶てるのはファヌン自身しかいなかった。彼は涙をためながらセオに向かって弓を向ける。弓を引いたことで朱雀の暴走が止まったものの彼女は息を引き取る。その様子を見ていたカジンも自ら崖から落ちて命を絶ってしまう。結局のところ、ファヌンはまた天に戻る。

そのときに、彼は守り神の神器を地上に残すことにした。また、天が再び真の王を使わせるときに、守り神の青龍、白虎、玄武、朱雀の神器も目を覚ます。

新しい王が誕生するときに、その者を示す星が空に浮かび、王を待つ人々に知らせるだろう、と言いつつ天に舞い戻っていった。

それから二千年後の西暦375年。

虎族の末裔である火天会 (ファチョンカイ) は、神檀樹の上に阿弗蘭寺(アブルランサ) という祭壇を建てた。大長老は、ある夜、空のむこうにチュシンの星が輝くのを見つけた。数千年間、語り継がれてきた古い預言どおりだ。彼らは、4つの神器を見つけ出し、天の力を得て世界を支配しようとしている。

コムル村も、二千年間、玄武の神器を奉っており、これからチュシンの王を助けて、四つの神器を探そうとしている。

うーん、やっと、ここにたどり着いたという感じだ。神話時代と高句麗時代のつながりが見えてきた。

このチュシンの王になる候補者は二人いて、一人はタムドク(ユ・スンホ) で、もう一人はヨン・ホゲ(キム・ホヨン)。その二人をめぐってドラマが展開される。また、四つの神器を巡る争いも起こるのは必至だ。

コメント

  1. とん子 より:

    koreandramaさんこんばんは。高句麗の時代なのか、今までの時代劇と違って古代ローマみたいな感じでしたね。
    後、ズジニの子役ちゃん。この子はBS2で放送されている「ファンジニ」のジニ子役もやってます。スジニとは全く違ったキャラで、大活躍でございます。
    スンホ君のタムドクもよく似合ってました。

  2. koreandrama より:

    とん子さん、こんばんは。
    >古代ローマみたいな感じでしたね。
    本当、きらびやかでロードオブザリングぽい^^
    >ズジニの子役ちゃん、「ファンジニ」のジニ子役もやってます。
    なるほど、タムドク役のスンホ君もそうだけど、演技上手すぎー。

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました