『荒野の七人』のリメイク版にイ・ビョンホン

イ・ビョンホン

正月休みに、たまたまBSで『荒野の七人』を見ているとき、そう言えば、
この映画って、黒澤監督の『七人の侍』から、ヒントを得て作ったん
だよなーと思いつつ、ネット検索していたら、何と、あのイ・ビョンホンが
『荒野の七人』のリメイク版に登場するとのこと。
『マグニフィセント・セブン』

公式サイトを見ると、「原案『七人の侍』『荒野の七人』その魂を受け継ぐー」
という大きなタイトルが目を引く。公開は2017年1月27日。

マグニフィセント・セブン  | ソニー・ピクチャーズ公式

ストーリは、2つの原作と基本プロットは同じとのことだが、特にメンバーの人種が入り混じっているところが違う。その中でもイ・ビョンホンが演じるのは、ビリー・ロックスという暗殺者の役。

ナイフや拳銃を、自分の手足のごとくに操るという。ただ、この映画は西部劇なんだけど、正直言ってアジア人のカウボーイは合うのかな、という素朴な疑問が生じる。まあ、ビョンホンクラスになると、何やってもカッコいいから、いいのか。

あと、うーん、ビョンホンの口ひげはどうなんだろう。やっぱり、アメリカを行くと、大柄な荒くれ男が沢山いるので、それに対抗するには少しでもマッチョなところを見せたいという現れなのかな。

とにもかくにも、イ・ビョンホンがハリウッドに進出してから初めてのヒーロー役なので、この作品で活躍が認められれば、ハリウッドでもイ・ビョンホン主演の作品が生まれることを期待したい。

コメント

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました